言葉の意味について勉強をしました。構くとは編む、組み立てるという意味です。掛く・懸くとはかける、取り付ける、張り渡す、はかり比べる、かぶせる、浴びせる、掲げて見せる、戸締まりをする、帆を張る、心が働きかける、両方を兼ねる、話しかける、ある時間・空間をめざすという意味です。額とは文字を書いて、門や壁などに掲げる札のことです。額を打つとは額を掲げるという意味です。覚悟とは真理を悟ること、物事の道理を知ること、予知すること、あらかじめ心の準備をすること、記憶することという意味です。隠しとは守ること、人目につかない所という意味です。隠し裏とは衣装の裏に他の裏地とは別の布地を付けること、またその布のことです。隠し窓とは外から内部が見えないようにつくった窓のことです。隠し結びとは、糸やひもが外から見えないように元結いを結ぶことです。隠し紋とは定紋以外に用いた紋のことです。学すとは学ぶ、修行するという意味です。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較