勉強をしました。日本は、1970年代前半まで「高度経済成長」をとげてめざましく発展し、アメリカ・東南アジアをはじめ世界市場での輸出や投資を急増させました。また1965年に日韓基本条約を結び、1972年には日中共同声明で国交を正常化し、1978年に日中平和友好条約を結びました。アメリカはベトナム戦争中から国際収支が悪化し、1971年にニクソン大統領は金とドルの交換停止を宣言しました。これは世界に衝撃をあたえ(ドル=ショック)、戦後続いてきたドルを中心にした国際通過制度は変動相場制にかわり、世界経済の実際の動向によって通貨の交換レートが変化するようになりました。また、世界最大の産油地域として中東の動きが世界経済に大きな影響をあたえました。特に、1973年10月におこった第4次中東戦争でアラブがとった石油戦略は、安い石油を利用して経済を発展させてきた先進国に「石油危機」(オイル=ショック)をもたらしました。セリジエ コラゲナイト: ハルメク通販サイト